2011年10月13日

Stu Goldberg with Larry Coryell & L. Subramaniam – Solos-Duos-Trios (78) MPS

Stu Goldberg with Larry Coryell & L. Subramaniam – Solos-Duos-Trios







ナッシュビルオーケストラのピアニスト、Stu Goldbergが、
同じくアメリカの変態ギタリスト、Larry Coryell
バイオリンをはじめ、ハープ、タブラなども演奏するインドのDr. L. Subramaniamの3人で
それぞれトリオ、デュオ、ソロで演奏した曲を収録したアルバム。

もうとにかく冒頭の12分15秒のVrindavanが素晴らしいこと。

試聴 試聴 Vrindavan

哀愁漂う、素晴らしいお3方の演奏に胸をかきむしられます

タイトルである、ブリンダーバンとは、
インド、クリシュナ教の神様と言われているクリシュナが活躍したところだそうで
そんな民族的な雰囲気も感じられ、異彩を放っています
因みにブリンダーバン村には4000ほどの寺院があるそうです。うひょー

クリシュナ教と言えば、以前ご紹介した
クレイジーな宗教ジャズ、Rasaもあわせて聴いてみてください。

まあとにかく曲を聴いてみてください。
すばらしすぎます。


posted by toughGuy at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Jazz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。