2013年01月20日

Congarilla / Calling The Gods (88) D&K

IMG_5734.JPG
ブラジリアンフュージョンのグループ、Batidaでパーカッションを叩いていた(昔持ってたなあ)、
インドネシアをルーツにしたマルチ奏者Nippy noya率いるオランダのグループ、Congarilla

コチラもブラジリアンをルーツにしたようなサウンドで
全編素晴らしいです。
宗教くさい怪しいジャケットですがまず中身を聴いてから判断しましょう。
コイツは本物のクオリティです。
2012年最後の買い物にして最後の大物。

美しいシンセ〜キーボードに乱れ飛ぶパーカッションが心地いい名曲、He's alive。ボーカルも素晴らしいです。

試聴 試聴 He's alive

ほっこりするようなキラキラしたサウンドにあった味のあるボーカルがのったSacred tree

試聴 試聴 Sacred tree

George duke張りのギターにキーボードワークがきらりと光る、'Thunder and Lighting'。

試聴 試聴  Thunder and Lighting

どの曲もそうですが、中盤の展開が素敵です。
オランダものに対して注目してなかったのでこれはいいですねー

posted by toughGuy at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | World | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。