2013年03月06日

Orquesta De Las Nubes ‎/ Manual Del Usario (87) Grabaciones Accidentales

Orquesta De Las Nubes ‎/ Manual Del Usario (87) Grabaciones Accidentales

いやーもう買ってすぐにTop Favoriteなアルバムになりました。
Maria Villa, Pedro Estevan, Suso Saizなる
スペインの現代音楽3人衆による、素晴らしいアルバム。

ミニマルあり、ヒューマンビートボックスあり、
美しいマリンバの音色あり、かっこいいNew wave的楽曲あり

試聴 試聴 Dum? Reprise

まずは強烈なインパクトのあるヒューマンビートボックス。もはや人力テクノ
これ、去年年末の、”シンクロスギルニシティ”でかけました〜

試聴 試聴 Como Un Guante

Laurie Anderson的音使いな楽曲、
中盤以降のリズムボックス、パーカッションのミニマルな展開がかっこいいです。

試聴 試聴 Un Diente En El Bolsillo

こちらもミニマルな音からぶっ飛んだ打ち込みに展開する怪しい曲。
前半のJay clayton風のMaria villaによる声が美しいです。

いやあ、ほんとにすべての曲で哀愁漂うくせになるメロディやフレーズが
ちりばめられており本当に凝った内容。

ライナーノーツになぜか日本語が書かれているのも面白いです。
彼らは3枚作品を出しており、85年の"El Orden Del Azar"は未聴ですが、
83年の"Me Paro Cuando Suena"もめっちゃかっこいいです。

ただ、どれも高い(笑)

posted by toughGuy at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Minimal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/342874823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。