2007年10月08日

Richard "Groove" Holmes / Onsaya Joy

groove_omote.JPGいやあ、三連休、ライブやパーティ三昧で楽しかったです。
日曜日、帰り信号のたびに寝そうになっていました、、

さて、今回はオルガン奏者、
Richard "Groove" Holmesによる、
75年、Flying Dutchmanリリースのアルバムから、
素晴らしいエレクトリック×ジャズファンクな一曲を。

それが、タイトル曲、"Onsaya Joy"
サンプルは、いかつすぎるピコピコシンセ、鳴り捲りの部分です。

試聴
  Onsaya Joy(Deep dance music pageとは別でサンプル取り直しました)
groove_smile.JPG
イントロからもう最高なベース&打ちまくりのドラムなのですが、
何より最高なのは、写真の裏ジャケの笑顔。。
いや、中盤と後半に入ってくる超クレイジーなピコピコシンセ音です。


完全にイカれた展開にもう僕は大興奮、エクスタシー。
こう言う曲ってなかなかないよなあ。
クロイだけではない、
シンセ音を使うことによってすごく新鮮な曲になってる気がします。

曲はなんと15:10もある超大作。
しかし、あまりにベースラインはまってしまうので全く飽きない。

そういえば、前回のGrant GreenとBlogでのノリが続いてるなあ。。

こういうジャズ〜ジャズファンクはいつまでたっても飽きない、
やっぱりすごく好きみたいです。
posted by toughGuy at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | Jazz Funk | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして
onsaya joyと検索したら、こちらが一番上にあったので辿り着きました、10年くらい前に何かのコンピレーションCDに収録さてて、その後ずっと、妖しい曲集というMDに入れて年に何回か聴いてきたんですが、今日、この曲について初めて調べて知りました、このアルバムはCDでは出てないんですかね?
Posted by ドラ at 2011年02月04日 19:44
こんばんは!

妖しい曲集っていいですね(笑)

調べてみたんですが、国内、海外とも出ていないみたいですよ。
http://www.discogs.com/Groove-Holmes-Onsaya-Joy/release/1226149
Posted by toughguy at 2011年02月04日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59686075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。