2010年02月04日

Michael Chapman / Life On The Ceiling (79)Criminal

michael_chapman_life_on_the_ceiling.jpg







UK産ロックギタリストのMichael Chapmanによる一枚。

彼は69年のデビューから20枚以上の作品を出していて
たくさんの作品があります。

その中でもわれわれは素通りでは済まされない
渋い一曲が収録された一枚を。

試聴 
試聴 Lescudjack

ギターのリフとシンセ音が混ざった
何とも言えない渋さをもった曲。

michael_chapman.jpgちょっと短い曲ですが、
ジャケのお洒落エッチな雰囲気で
ついつい買っちゃいました(笑)
お姉さん顔が突っ張ってますが、
からだが超きれいっす黒ハート
posted by toughGuy at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

Mingo Lewis / Flight Never Ending (76)Columbia

mingo_lewis_trapezoid.jpg









Master of Latin Fusionこと、Santanaなどで活躍した
パーカッショニストのJames Mingo Lewisの唯一の作品。

超宇宙でで危ないです。

でも正直、ぶっ飛びすぎて聴きにくいです(笑)
しかし、一曲ほっとけないKiller Club tuneが!

Trapezoidはとても危ない…、イントロからやられます。
それではお聴きください、邦題「台形」

試聴 
試聴 Trapezoid

パーカッシブなイントロからかなりブリブリいまくってます

Latinなのに、なぜジャンルをProgressive rockへ?
ってことですが、

ジャケ裏に、
Afro-cuban rhythms with the newest dimension in progressive rock.
って書いてました、
まあ雰囲気もプログレ的ですねえ〜
posted by toughGuy at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

Pop Workshop / Vol.1 (73) Grammofon Verket

pop_workshop_vol_one.jpg









さて、なんともいえんジャケですが、中身が悶絶の一枚!
力を入れて紹介するぞーーーー!

このPop Workshopは、
ポーランドの鍵盤奏者Wlodek Gulgowski(ヴオデク・グルゴフスキ)と
サックス奏者Zbigniew Namyslowski(ズビクニェフa・ナミスオフスキ)が
スウェーデンのそうそうたるメンバーを終結させ、結成されたJazz rock Group!!
のファーストアルバムです。

メンバーにこの
Janne Schafferがいますよ。あと、Ed Thigpenとか。

Jazz Rock、Progressive Rockとはいえ、
結構Jazz Funk方面からも知る人ぞ知るアルバムのようで、
MAD M.A.T.Sもフェイバリットにあげてるとか。

でも俺の方がフェイバリットなはず(なんの対抗やねん)
そのMy Favoriteな一曲、Point of Junction

試聴 
試聴 Point of Junction

ゆった〜〜〜りしたイントロから
急にシャキシャキな歯切れのよいビートが襲ってきます!
これはついついわらけちゃいます(いい意味で)

ヨーロッパ特有の固さや、超絶テクにやられちゃう一曲。
そして同タイプのEquinoxも渋い! Youtubeでどうぞ


そうそう、このレーベル、Grammofonverketなんですよねえ〜
さっとわかりましたか?
以前紹介しました(有名盤やけど)、
Sabu martinez / Afro temple
と同じレーベルですね。
絵がかわいいのでなんだか好きなレーベルです(単純)

いやあ〜ヨーロッパ恐るべし。
posted by toughGuy at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Goblin / Roller (76)Cinevox

goblin_roller.jpg









ホラー映画のサントラばかり作っていたイタリアのバンド、Goblin

その中でもこれはもっとも聴きやすい一枚とも言われております。
ちなみに、メンバーで重要人物と言えば、claudio simonetti

Easy goingKassoなどの現在でも旬なイタロディスコを手がける
人なんですねえ〜
しかしKassoはほんと好きなのでうれしい限りです。

で、このプログレなバンドのアルバムで
このBlogらしいなあ〜っていう曲は、Snip Snapでしょうか。

試聴 
試聴 Snip Snap

ゆっくりなんですが、頭がおかしい感じのシンセ音や
タイトなビート、本当にかっちょいいデス

ちなみに、イタリア本国盤以外では、カナダ盤、日本盤(笑)が存在します。
ジャケかっこいいんで是非オリジナルLPゲッツしちゃってください〜〜〜
posted by toughGuy at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

Steve Hillage / and not Or (83)Virgin

steve_hillage_and_not_or.jpg









KhanGongなどでも活躍したギタリスト、Steve Hillageによる、
素晴らしすぎるディレイギターが堪能できる一枚。
彼のソロ7作目です。彼は現在も現役らしいですね。

なぜこれなのか、そう、これはインストなんです。

For to nextというアルバムが本来のものなんですが、初回プレスのみ
このAnd not orがついているらしく、ここでしか聴けないインスト盤なのです。

これは僕が、
Hip Hop系のBlack musicのパーティでわざとPlayした曲(笑)を収録しています。
その熱い一曲が、"Before the storm"

試聴 
試聴 Before the storm

全くHIPHOPには結びつかなそうな曲ですが、
これでいいんです(笑)
でも既に人気があるみたいですね。。
だいぶ前に買ったんですが、紹介が遅かった。。

これ、ゆったりしてかなり使いやすいですよ。
変な世界へ逝ってしまいそう。。
posted by toughGuy at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

New York Gong / About Time (80)Charly

new_york_gong.jpg









Gongのメンバー、永遠のヒッピー(笑)ことDavid Allenが抜け
New Yorkへ渡り78年に結成したNew York Gongの唯一の作品。

なんだかこの雰囲気、わかります???

このBlogにしょっちゅうでてくる、そう、Bill Laswellがまた参加しとります。
てかこれ、ほぼメンバーがMaterialなんですよねえ〜〜

このNew york Gongのアルバムでピーンときたのが、"Jungle Windo(w)"

試聴 
試聴 Jungle Windo(w)

頭から飛ばしてますね。かっこいい
中盤以降のおもた〜いJazzyな演奏のインストパートがこれまた渋い!

Materialのいかつい感じがここでも出てますね〜
posted by toughGuy at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

Cortex / Pourquoi (78)Crypto

cortex.jpg









Dare-Dareからも再発されたフレンチブラジリアンの名盤とも言われる、
古くからのフレンチプログレッシブロック界の伝説アルバム、
Troupeau Bleu、

が有名な、Cortexの3rd(&ラスト)アルバム。
相変わらずの硬質なエレピの気持ちよさは本当に素晴らしい。
最近復活したらしいですが。。

彼らの1stアルバム、"Troupeau Bleu"と、その同年の
12インチDiscoシングル"Hurluberlu"を
持ってたのですが(もちろんオリジナル笑)、
この3rdが一番実は使いやすいかも。

これは全曲ヴォーカル曲となっておりまして
すべてがその美しいトラックに、
声が裏返りそうな微妙にイケてない声が乗っかり
かっこよさが半減する曲がある中(笑)、
奇跡の出来栄えを誇る名曲が、Pauvre Star

試聴 
試聴 Pauvre Star

イントロからジャーンと終わるラストまで完璧なフレンチらしい切ない曲。
フランス語でおしゃれと思わせつつ、意外とめんどくさいヴォーカル(笑)も、
スキャットのおかげで逆にかっこよくなってますよ。
そういや昔Muroさんのモノ自慢Mixテープに入ってましたね〜(笑)

そして、A-2の"Image"もエレピ&キーボードが凄すぎ。
女性ボーカルも参加する、Make me love youもとても気持ちいい。
ラストのMatin Grisも気持ちい。。

要はとりあえずいいアルバムなんです。
ジャケも妙にそそりますね(笑)
posted by toughGuy at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

Jukka Tolonen / Tolonen! (71)Love Record

jukka_tolonen.jpg









フィンランドのギタリスト、Jukka Tolonen(ユッカ・トローネン)。
彼のデビュー作であるこの一枚、
Jazz rock, folk, Trad, Progressiveなどなどさまざまな雰囲気が垣間見えます。
天才的なこの才能、デビューで発揮しまくりでやばすぎです。

ジャケはハードロックですが、中身はJazzやバレアリックが
好きな方にも聴いてほしい、そんな一枚です。
まずはこの曲を聴いて購入に至った、"Wanderland"。
美しくトリッピーでメロウで渋い。

試聴 
試聴 Wanderland

ぽこぽことなる打楽器にゆったりしたタイトなドラム、
そして時折入ってくるトリッピーなギコギコした電子音!う〜む、やばい。

Mountainsは美しいTrip tune。

Ramblinは高速ファンキーチューン!激シブ!
僕は踊りやすさ重視でこのBlogはあえて、
Bpmが100〜128くらいまでしかあんまり紹介しないのですが
この曲は例外!かっこよすぎ!
posted by toughGuy at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

Max Werner / Seasons (81)Radio records

max_werner_seasons.jpg









プログレバンド、Kayakのメンバー、
Max Wernerのセカンドアルバム。

時代が時代からか、彼もNew waveなどの流れに乗り、
ジャケからは想像つかない変態ポップな楽曲が並んでます。

彼のファンの中では、冒頭の"Rain in may"が人気ですが、
このBlogでは、やはり"Cosmic Winter (We'll Make It To Mars)"でしょう!

試聴 
試聴 Cosmic Winter (We'll Make It To Mars)

Youtubeにて、
Theo Parrishがこの曲をプレイしているのを
確認することもできますよ。

ヴォコーダーもとてもよいかんじ、
爆音でかければ、あら不思議、ナイスゴスペルな曲に早変わり@
posted by toughGuy at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

Sweet Smoke / Live (74)Harvest

sweet_smoke_live.jpg









ドイツのヒッピーコミューンから生まれた
(アメリカ人もいるみたいやけど)強烈すぎるプログレバンド、
Sweet Smokeによる3Rdアルバムにしてラストアルバム、しかもLive。

かなり盛り上がったんやろうなあ。
ほんとにファンキーでかっこいいライブです。

人気のJust A Poke収録のSilly Sally級のような
えぐすぎる内容ではないのだけれど、
とても聴きやすくてかっこいいんです。ジャケの地味さがそれを物語っている。。

試聴で用意したのは、
しぶ〜いボーカルから始まる"Ocean of Fears"。

試聴 
試聴 Ocean of Fears

ブンブンベースが鬼効いてます。かっけえ〜〜

もう片方のFirst Jamって曲の中盤から始まる(別の曲!?)Ocean of Fearsと似たタイプの曲も
めちゃシブ、チャカポコブレイクや叫び声も最高に痺れます!
検索してたらこのメンバー、今Facebookにいますね(笑)
あと、N.Yでレコード売ってるらしいですよ(笑)

ドイツのヒッピーコミューンで思い出したけど
昔エグエグの値段してたKitty Winter Gipsy nova
近くでLiveしてたりして。
posted by toughGuy at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。