2010年10月25日

Wally Badarou / Back to Scales To-Night (80)Barcley

Wally Badarou / Back to Scales To-Night (80)Barcley







みんな大好き、Mamboや、
Chief InspectorWally Badarou
ファーストソロアルバムです。

彼らしいレゲエスメルに80'sのエッセンスを取り入れ、
Stevie Wonder?な雰囲気まではいっちゃった感じの
怪しいアルバム。
裏ジャケのピンクのツナギを着たご本人も最高です。

どれもいいのですが、サンプルは"One Day, Wan't Give it Away"

試聴 
試聴 One Day, Wan't Give it Away

なんと彼が歌ってます(笑)
これと同様な雰囲気のタイトル曲も最高。

London Townもクールで渋い。
そして、ピッピコピッピコなってる音に
ピアノが乗っかるジャズチューン"Lady Finger Blue"

Stevie Wonderですか!?な"Peachin"もきもちよい。
posted by toughGuy at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

Light of Saba / Sabebe (78)Light of Saba

Light of Saba / Sabebe (78)Light of Saba africa







さて、改めてな、この名盤ですが
あえてご紹介です。

なぜならオリジナルを安く買えたから(笑)
もう、再発も出てますけどやっぱりうれしいじゃないですか(笑)
モノ自慢したくなるじゃないですか

てなわけでおさらいの回ということで。
Reggaeか、Africanかどっちのカテゴリに入れようか迷いましたが
アフリカアフリカいうてはるんで、Africanにしました。
Made in Jamaicaって書いてますが。

フロア仕様ならば、
僕は冒頭の"Sabebe"ですかね。
Boogieな曲調からナイヤビンギに展開する超かっこいい曲!

試聴 
試聴 Sabebe

サッベベ〜〜
そして、アフロファンクな、"Africa"

試聴 
試聴 Africa

12インチには入っていない、"Rastaman kibero"

試聴 
試聴 Rastaman kibero

どれもかっこよす。
超名曲、Music in my Brainも入ってます。

Light of Saba / Sabebe (78)Light of Sabaこのアルバム、Cedric "IM" Brooks
抜けてからのアルバムなんですね。

ジャケ見たら彼のクレジットがない…

ラストアルバムだそうです。
レーベルもかっこよいプライベートプレス。うほいっ

posted by toughGuy at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

The Naturals 'Ronnie Butler' / Funky Rasta (??)Sunshine

The Naturals 'Ronnie Butler' / Funky Rasta ()







アメリカ生まれで、
バハマでも住んでいた
カリプソオヤジ、Ronnie ButlerによるNaturalsの作品。

しばしばバハマ、バルバドス系のコンピに入ってる曲です。
ゆる〜いOld School〜Reggaeな雰囲気が気持ちよい一曲。

試聴 
試聴 The Naturals 'Ronnie Butler' / Funky Rasta

この曲を知ったのは9年ほど前で
かなりお安く買えたのですが、
最近ちょくちょく出回っているので探せば見つかると思います。

とりあえずゆるいいい曲。
そいや、かなり昔のSoul 2 soulのMix CDにも入っているみたい。
当時のRare groove〜アシッドジャズな流れでも
心地よくハマっていたんでしょうねえ〜


posted by toughGuy at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

Derrick Harriott / Acid Rock (82) Crystal

Derrick Harriott / Acid Rock (82) Crystal







こちらは、ジャマイカからこんにちは。
ちゃんとしたジャマイカ盤を紹介するのは初めてか!?

これは古くから大活躍している
Derrick Harriott自身のレーベルよりリリースされた一枚ですね
内容的にはChi-litesEugine Recordなどの素敵なカヴァーが
入っており充実した感じです。

僕が反応したのは勿論、、、

大ファンの、、、


"The Equals / Black Skin Blue Eyed Boys"のカヴァー。
このあたりのレゲエでは珍しい Time:7:09と長尺でいい感じ。

試聴 
試聴 Black Skin Blue Eyed Boys

てか、
Drums⇒ Sly Dunbar
Bass⇒Robbie Shakespeare
じゃないすか!
おおっ!そして TrumpetになぜかChico Hamiltonの名前が!
なんだこのアルバム(笑)
posted by toughGuy at 02:15| Comment(4) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

Ernest Ranglin From Kingston J.A. To Miami U.S.A (83) Vista sounds Konduko

ernest_ranglin_be_what_you_want_to_be.JPG







ジャマイカ音楽史に残る、
まさに人間国宝的存在のギタリストErnest Ranglin
もちろん70歳を超えて現役です

スカ、レゲエ、ジャマイカンジャズなど様々なジャマイカ音楽を成功に導いたお人。

Bob Marley, Jimmy Cliff、Peter Tosh, Skatalitesなどとも
一緒に仕事してきてる、"Guitarist's guitarist"だそうです 
 
現役のそんな彼がなぜか80年代にたった一枚だけリリースした作品がコチラ。
我らが"King Sporty"と一緒に!あと、Noel Williamsも書いてます。
そらKondukoの名前も書いてますよね。

UKオンリーでとてもマイナーレーベルなんですが録音はMiami。
Featuring betty wright,
bobby caldwell, timmy thomas
などなど豪華デス

試聴 
試聴 In The Rain

Discoのイメージばかりあったこのアルバムですが、
このDramaticsのカバーでついつい買っちゃいました。
原曲に結構近い。とてもこの曲、レゲエとも彼のギターとも相性いいですね手(グー)

試聴 
試聴 Be What You Want To Be
試聴 
試聴 Soft Touch

"Be What You Want To Be"、これはNice Boogieですね〜 
後半のダブ処理も最高です〜

そしてびっくりなのが、
Timmy Thomas / Africanoのボーカル入りバージョンの"Soft Touch"。
コブシが上がります。
これもKing Sportyなのでまあ、当然っちゃ当然ですが…
しかしかなり濃い内容ですわ〜
posted by toughGuy at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Ambelique / Talk Like That (??)RaG Town

ambelique_talk_like_that.jpg









Sly & Robbie絡みらしい、ラヴァーズロック系のアーティスト、Ambelique
もちろん現在も作品出してます。

で、初めてこれを聴いたのは
おおっ ドラムが聴いた素敵なModern soul!って感じやったんですが
よく聴いてみるとレゲエっぽい、

裏面にはVersionと書かれたインスト、
そしてこのレーベルのずれ方(笑)

まぎれもなくReggaeの曲なのですが、
とにかく最高。今日のような各地で雪が降る日に紹介するのもなんですが…

試聴 
試聴 Ambelique / Talk Like That

とにかく気持ちいい、いい曲です。
裏のインストとひっつけてずっと聴いていたいいい曲。
再発が2003年に出ているのですが、この曲に関しての情報は全然ないです。
彼のマイスペでこの曲が載っていましたが…

ひとつわかっていることは、このオリジナル盤は
近年のくせして鬼レアな一枚であること(笑)
posted by toughGuy at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

Rasta Instantané (Instant Rasta) feat. 恐怖のPecker / inc.Kylyn (80)Better Days

instante_rasta_a.jpg









元祖、過激ダブ。

ということで久しぶりの和物のご紹介です。
これは素晴らし〜〜〜いリスペクトなDJさんに教えていただいたものですが、
国産Dubの10インチEP。

このEPはとんでもなく豪華なメンツ。
Sly Dunbar, Robbie Shakespeare, Augustus Pablo,
Zoot Sims, Rico Rodriguez, Judy Mowatt,
そして我らが日本勢が、
松岡直也、向井滋春、
大村憲司、坂田明、Minnie Yoshida
名義の、吉田美奈子です。

ボブ・マーリーが来日した際、
Pecker氏が、ウェイラーズメンバーと仕事がしたいって言って直談判したそう、
そしたら、「お前になら貸してやるよ」って言ったからっていう理由だそう。

そしてこの3曲入りEPで二曲が吉田美奈子さんオリジナル曲。
そして今回ご紹介が、坂本龍一氏作、"Kylyn"。

試聴 
試聴 Kylyn

そして、このEP以外に「Pecker Power」というタイトルも出しており
一応それも持ってるんですが、
それと同時期に録ったもののようですね。
思いっきりジャマイカ録音。

ちなみに、そのアルバムの中にDub好きである、
Francois kevorkianがEditしてPlayしている曲もあるんですよ〜〜
posted by toughGuy at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

Jah Wobble / Invaders of the Heart (83)Lago

jah_wobble_invaders_of_the_heart.jpg









そして、暗黒の世界へようこそ(笑)
UK Dubのベーシスト、Jah Wobbleによる
怪しいイスラムなダブミュージック。

彼は普段ナタを持ち歩くほど悪い男らしく(笑)
ボディーガードをしたり、かなりの悪さを働いたとのこと(笑)

どのミックスもやばいですが、
ここはインストのシンプルなテイクで。

試聴 試聴 Invaders Of The Heart (Mix 3: Exotic Decadent Disco Mix)

ちょっとピッチが速めですが、
少し下げると使いやすい(笑)

施されたパーカッションのダブの響きも激ヤバ。

はじめて聴いた時はかなりしびれました!
音楽から本人の悪さがわかるって面白いですね(笑)

posted by toughGuy at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

Otis Gayle & Juliette / Bringing out the sunshine, Reggae Music (7?)Black Rose

risco_bringing.jpg








知ってる人は知っている、
Risco Connectionのボーカリスト、Otis Gayle
本人名義でリリースしたこの12インチは最高すぎます。

まずはJackie Mittooがピアノを弾いておりそれだけでうれしくなってしまう
Lovers Rock、"Bringing Out The Sunshine"のカバー

試聴 
試聴 Bringing Out The Sunshine

涙を誘う、夏にぴったりな一曲。
ちなみに、このJanet Kayバージョンも
Jackie mittooがトラックをやっており
そっちはピヨピヨポヨンポヨンな音が最高すぎて、
マジで涙ちょちょぎれチュ〜ンです@

もう一つはRiscoファンお待ちかね、
Risco connections / Risco Musicのボーカルバージョン
"Reggae Music"です。

試聴 
試聴 Reggae Music

僕はSitting in the parkの入ったそのEPが
もうずっとずっと大好きで聴き続けている一枚(オリジは重量盤でこれまた最高)なのですが、
そっち持ってたらこっちも買いたくなる、まさに二枚がけアイテムです(笑)

夏ですな手(チョキ)
posted by toughGuy at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

Fania All Stars / Social Change (81)Fania

fania_all_stars_social_change.jpgFania All Starsの81年作。。
これは素通りする人と、鼻息荒く反応する人にわかれそうですね(笑)

ジャケもStevieInnervisionsの内ジャケみたいです(笑)

これはすごくメンバーが面白い。Idris Muhammed
以前紹介した
Negrilで大活躍のEric Gale
そしてなぜか、Steel Pulse、、
そして大好きすぎるサックス奏者、Gato barbieri

この盤の人気曲は、僕は勿論アメプロ12インチ持ってる(←やなやつ)
Lamont Dozier / Going back to my roots のアダルトなカバーを収録されています
イントロのアダルト具合は最高ですよ〜〜〜

といいつつ、お勧めは、Steel pulseの歌う、"shining / beautiful morning"。

試聴 
試聴 shining / beautiful morning

レゲエ最高〜〜 イエ〜イ♪

って、これFania all starsやし!ってな具合のへんてこな感じなんですが、
この曲聴いて一発で買ってしまいました。。
みなさんもこれチェケラしてみてください

あと、Gato barbieriのために優遇し過ぎな一曲、
"Gato's Tune"がむせび泣くGatoのサックスが最高です@
posted by toughGuy at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Reggae & Dub | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。