2009年05月06日

La Clave / inc.Who You Fooling (73)Mgm

la_clave.jpg








Latin Jazz Rockグループによる唯一のアルバム。
今話題(インフルで)のメキシコ、パナマ、キューバ、プエルトリコ出身の9人組だそうです。

このアルバムを知ったのはDJを始めてちょっと経ってからかな、8年ほど前です。
サバービアの本をコピーさせてもらって
当時はそこに載っていたものをひたすらチェックしていた時で。
そこに載っていたのがこのLa clave
ご存知の方からしたら「懐かしい」レア盤ですが、

今になっても僕が手放せない理由が一つ。それが、この"Who You Fooling"収録だから。

試聴 
試聴  Who You Fooling

ラテンロック具合は皆無で、哀愁あるピアノが流れていく感覚は
夏の終わりに、なぜか遊べなくなる寂しさと似ています(笑)

または、夕方のビーチパーティで
こんなのでゆるく踊ってみたいと想像してしまいます@

他の曲はもちろんクラシック中のクラシックスで、
Danny hathaway / The Ghettoをはじめ、Move your hands
人気のLatin Slideなど名曲盛りだくさん@

ああ、夏ですね〜〜〜〜
posted by toughGuy at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

Sabu Martinez / Afro Temple (73)Grammofon Verket

sabu.jpgSweden,,,
過去にRalph Lundstenを二枚ご紹介しましたが、
日本から見たら全く謎の異国の地、、
確かにDisco Dub的な音は流行っているようですが、

73年当時にSwedenでまさかこんなアルバムを出していたとは、

てなご紹介ですが、
uchi.jpg
Rare Grooveファンには昔から人気の一枚。
エキゾチックなAfro templeMy Christinaなども激シブ。

やはりクラブプレイなら、最強のHotel Alyssa-Sousse, Tunisiaでしょう!

試聴 
 Hotel Alyssa-Sousse, Tunisia

ごっついブレイクからエキゾなニオイを漂わすサックスに
様々な種類のパーカス乱れうち、人力ハウスな一曲。
(このアルバムはパーカスにエフェクトをかけたりしている)
数年前のBody & SoulJoeがPlayしていたようです。
フルレングスの民族衣装で


ちなみに最近、この73年にラジオ局に吹き込んだ
未発表音源を集めたあるばむ"Burned Sugar"がリリースされました
こいつもおし●こちびりそうな内容ですよ。
posted by toughGuy at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

James Brown & Lyn Collins / Let It Be Me (89[73])Urban

james_brown_let_it_be_me.jpg








これは本当に僕の中でWantだったアイテム。
元々は73年にPolydorで録音された曲、
UK OnlyのUrbanレーベルのシリーズで三つのアルバムの中から2曲ずつセレクトされたPromo EPです。
Roy Ayers / RareUrban Classics
そしてJames Brownのデュエットシリーズである、James Brown / Duets

M. Curtis、P. Delanoe、G. Becaudの作詞した
様々なアーティストが歌ったスタンダード曲、
Let It Be MeをFunky PresidentのJames Brown
Lyn Collinsと歌ったこの曲、
別に歌ったテイクもあるのですが、
実はこのテイクはラテンヴァージョンなのです。。。
これが、やばすぎるんです!
ラテン好きでもある僕にはちょっとこれはやばすぎました。。

試聴 
 Let It Be Me

陽気なイントロから、最後は泣きの「Let It Be Me...」のリフレイン、最高すぎます。。

そういえば、ネットラジオでプレイした時、
とある女性が「酒やー!酒もってこーい!」と激テンションあがってくれたのを覚えています(笑)

夏だけでなく、こういったラテン、冬にもプレイしたいものです。
posted by toughGuy at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

Eddie and The Movements / Time Is Running Out (78)Trucker Man

eddie_movements.jpgサンマがおいしい季節ですね!

この間は友達と太刀魚釣りに行って
友達がつった太刀魚をもらい(笑)朝から早速食しました(超美味い)。

釣りは磯釣り好きですが、
大の海好きこと私タフガイはこの海に囲まれた、
プエルトリコ産カリビアンBoogieも大好きです!

昔からなんですが、クセのあるBoogieが昔から好きで
JazzっぽいとかLatinぽいとかそういうのを買ってたりします。
Garage, Loft的なDiscoもモチロン好きで買い続けてますが、、

このプエルトリコ産のEddie and the Movementsに収録の"Alive and Kicking 'Disco'"は、
ロンドンのDJとかがいかにも好みそうなチャカポコBoogieで
男くさいボーカル(掛け声程度ですが)も熱くてかっこいいです。

試聴 
 Alive and Kicking 'Disco'

こういうの大好きなんです。胡散臭さが最高ですね。
eddie_movement_ura.jpg
ジャケもかっこよいす。Brasilのクライベイビーみたいですね。

ちなみにジャケ裏を見ると、"Aero Virgin Islands"の文字が、
San Juan空港がらみでしょうか?ノベルティ物!?

空港のノベルティ物といえば、
Idjut Boys / Satuaday nite live 2に収録されている
Air Franceのノベルティの"Supsonic / Mach 2/1"が超Wantです。
ジェット機のSE音からハンズクラップとノリのよいくせになるトラックが最高で
7インチオンリー。こないだは日本のFrance盤に強いお店で42000円。。
手が出ないす。。。 数百枚ほど限定で再発出てるんですが、海外でも完売のようで
もうちょっとプレスしてほしいです。。
posted by toughGuy at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

Milton Hamilton / Disco Madness (76)Disko Mania

milton_hamilton_crystalized.jpg梅雨が終われば、、、


夏や!!!
今日は海まで釣りでしたが、海へ行くのを
ナイスサウンドで行くとよりテンションアガリますよねえ!!

で、そんな海へのお供として
こんな一曲を。

「って、めっちゃクラシックスやからいまさら紹介とかいらへんやん!」
と突っ込んだ方もおられるのではないでしょうか(笑)

そうです。12インチは激レア(12800円くらいですが、マジで見ない。)な
"My Love Supreme"が収録されたLP。
で、このアルバムを持ってる方はご存知でしょうけれど、
このアルバムはとにかく内容がよすぎ!

その名のとおり、"So Beautiful",ナイスカバーの"Poinciana",
ちょっといなためだが演奏は激シブの"We Have All The Time"
そして極めつけ、イントロからこみ上げ度200%の"Crystalized"!

試聴 
  Crystalized

ほとんどの曲でも聴くことができるのですが、
最高のカバー"Yambu / Sunny"の演奏を
完全にかっこよく指揮したMilton Hamiltonだからこその
素晴らしいMellowでキモチイイLatin Boogieサウンドがここにあります。

やはりこのアルバムのすべての曲で
素晴らしいアクセントをつけているのがエレピでしょう。演奏素晴らしすぎで言うことなしです。
My Love SupremeをAlbumで我慢しようかな、どうしようかな〜
と悩んで買っていなかった方は「他の曲」を聴いてみてください。
即買いしちゃうはずです(出来なかったらごめんなさい 笑)

posted by toughGuy at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

Irakere / quince minutos (??) Areito

irakere_ruta.JPGむしむしして熱い時期になってきましたね〜

もうじき、夏!その前に梅雨ですが、、

夏といえば、キューバ!
キューバといえば、伝統音楽、ソン!
ソンといえばイラケレ!
イラケレといえば、、、、

「最高」です。

これは、IRAKERE後期の作品で、
ちょっとフュージョンがかった感じの曲が多いのですが、

1曲マジで見逃せない曲がありまして、、それが、Ruta 43。(←43号線!?)

試聴 
 Ruta 43

最初から打ち込み入ってます(笑)
Latinな雰囲気を持ちつつ、Boogie的なつくりで
途中からキューバ音楽らしく展開していき、またBoogieな雰囲気になるという
とにかく説明しづらい一曲(笑)

すっごいかわいくてテンションあがります!

Irakereはボコーダーのボーカルのキューバンジャズみたいな曲もやってるんで
いろいろチェックが必要ですよ〜。
それは、Moodymannのドラマーもやってる
DJ DezことAndresもかけてました〜(さすが親子そろってパーカッショニスト)

ううむ、ビーチパーティやりたい。。
posted by toughGuy at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

Belle Farms Estates / Puddin (??)Private

puddin.JPG引き続き、
ぷよぷよしたプリンのような大好きな一曲を。

日本では誰も紹介してないし(たまに売ってはいるけど)、
プレイもほとんどされてなさそうなんですが、
海外では結構人気盤のようです。

レアディスコって、「実際買ってもかけへんねんなあ〜、、」
なんて曲も多く(特にP&*レーベルモノ ←バレバレ?)
むしろ安くて面白いものばかり掘ってましたが、
この曲はかなりツボでした。。

ジャケットもプリンみたいなおいしそうな配色ですが、曲自体も
ホワホワしたええ感じの女性ボーカル(良く言えば、"Clyde Alexander & Sanction / Gotta Get Your Love"なんかに通じるメイクラ~ヴ的あえぎ声)と、
キモチイイフェンダーローズの音色も素敵なLatin、Jazz、Boogieの要素が混ざったあやしい12インチシングル。

またもや、Baltimore産、怪しい。
このBelle Farms EstatesはLPも出しているようです。
型番すらわかんないですが、Discoサイトにそう書いてました(笑)

試聴 
  Belle Farms Estates / Puddin (Long Version)

いかがでしょう?
「気に入ったけど見つからんやん!」
なんて方に良いお知らせが。

Keb DargeKenny DopeKay-Deeレーベルより
Kenny Dope Remixみたいな感じ(Re-EditじゃなくてRemix、、)で
このジャケのまま再発させるようですね。サイトにComing soonとありました。
でも結構長い間、Coming soon状態なので、お蔵入りになったりして。。


ちなみに、関係ないですが、Puddingとは「何かを固めた料理」の意味、
ここでのPuddinってどういう意味なんやろう。
でもお姉さんがエッチな声出してるし、そういうことかなぁ黒ハート
posted by toughGuy at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

Willow Band / Willowman(76)Epic

willow_band_willowman.jpg










Epicの12インチって謎のものが多いですね。。
このWillow bandもその一つ
ちなみに詳細全く持って不明のグループで調べても全然わかりません。
レーベルはメジャーなのに。
でも自分は12,7ともにプロモしか見たことありません。

そして曲は、3:19秒のNice Latin Boogie, Disco。
ラテンといっても熱い感じではなくメロウで涼しくもある、とっても気持ちのいい曲です。
ゆるーいボーカルも最高です。

試聴 
 Willow Band / Willowman

Disco慣れしている方には短く感じる長さですが、
全く無駄のない展開で丸ごと一曲かけれるので
持ってると結構重宝かもです。

といいつつ、todd terje re-edit(
5:23)ってのが存在するみたいですね。
この曲をどういじっているか聴いてみたい。
todd terjeの変態っぷり想像したらかなりおもしろそうですが、、


ビーチパーティでこんなのかけれたら、気持ちいいのでしょうね〜
前にも書きましたが、冬のラテンが最高です。逆にこれからの時期もよいですねぇ〜
posted by toughGuy at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Latin & Calibian | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。