2013年07月26日

Klas' Larry Jackson, Ricky Gaddis / Let's Make Love Tonight (8?) Sahara

Klas' Larry Jackson, Ricky Gaddis / Let's Make Love Tonight (??) Sahara
ちょっと久しぶりの7inchのModern soul〜Discoな一枚。
他の作品ではSweet soulで人気のこのLarry jacksonですが、
こちらはDisco風にやってます。

チープなキーボードや、さわやか?な美しいVoiceとともに始まる良い曲。
ギターやベースもよい鳴りで素敵です。
しかしYazawaさんも同じ曲名がありますけどストレートな曲名ですね。

試聴 試聴 Klas - Larry Jackson, Ricky Gaddis / Let's Make Love Tonight

とてつもないハイトーンボイスで歌ってくれますね。ぐっときます。
BPM的に使いやすくはやくパーティでかけたいですねー

B面はDelfonicsのカバー、ゆるゆるなSweet soulです〜
posted by toughGuy at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

Best Friend Around / It's So Good To Know (7?) Lonnie, Queen constance

IMG_2195.jpg
これも10年ほど経ってやっと手に入れました

夏ってことでさわやかな1枚を。
P&P, peter brown, greg carmichel周りは当時本当にハマりましたねー
いわゆるNYのクロいサウンドのRare groove的Discoがクセがあって好きな人多かった。

その中、もっともさわやかでシロい?サウンドのこちら(笑)
ブルーアイドソウルみたいな曲。しかし最後にめっちゃ好きなブレイクが入っててむしろこれがなかったらダメ(笑

試聴 試聴 Best Friend Around / It's So Good To Know

しかしブートと音が全然違います。
Peter brown絡みで最もオリジナルを見たことない1枚だったので
苦節10年という感じです。苦しくはないけど。

まあ普通に素敵な曲ですなー
夏にプレイしたい1曲!

残りは2曲!Musicmakers/ jump jump jump
High fidelity / Magic carpetがほしい!
posted by toughGuy at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Georgie Fame / Daylight (77) Island

Georgie Fame / Daylight (77) Island
夏がやってきた―
本日関東甲信越で梅雨明けでございます!

海!川!湖!池でカヌー!BBQ!アバンチュール!
とワクワクが始まるこの時期ですが、今年の夏は猛暑も予想されます。
水不足の懸念もされますが熱中症も気をつけないといけません。

というわけで涼しくも気分を高揚させてくれるクラシックスを。

あのBlossom Dearieをして「彼が歌うと街がスイングする」を言わしめたボーカリスト、Georgie Fameでございます。
私はMuroさんのテープで彼のSambaを聴いて存在を知ったいかにもDJらしいエピソードですが、
こんな素敵な歌もやってます。むしろこっちの方が彼らしいんでしょうけど。

因みに彼はUKのポップミュージシャンですね。
この曲は当時これを収録したアルバムのリリースがお蔵入りになったそうです。
でもシングルは普通に出てる。。

試聴 試聴 Georgie Fame / Daylight

AOR的でさわやかなええ曲です。因みに裏面の 
Georgie Fame & The Blue Flames – Three Legged Mule (Instrumental)
と書かれたインストがこれまた素晴らしい。
酔っぱらってるときにこれ聴いたら泣くわ笑

オルガンてこんな涼しい音だったんだ!
 

posted by toughGuy at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

52nd Street / Look into my eyes, Express (82)Factory

52nd Street / Look into my eyes, Express (82)Factory
マンチェスターのグループである52nd streetのおそらくファーストシングル。
ニックマルティネリが参加する前の作品のようです。
この人たちはRon hardyもプレイしたと言われる
後に発表するCan't Affordもかっこいいですねー

UKのアーティストはブリブリのギターカッティングが印象に残る曲が多いですねー
妙にくせになる音が心地よいです。

試聴 試聴 52nd Street / Look into my eyes

BPMも使いやすくこれはレコードバッグに入れたい一枚です。
そして荒削りでロリータヴォイスなBeverly McDonaldの声もGOODです。

因みに裏のExpressもその名のごとく
突っ走るクラビネットがかっこいいBoogie。BPM125くらい


posted by toughGuy at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

Bohannon / Wake up (83) Compleat records

Bohannon / Wake up (83) Compleat records
Hamilton bohannonの83年作、70年代に「あ、これBohannonだ」と一発でわかる、
数々の名作を残したファンクの裏番長みたいな人ですが、
83年にElectro〜Old rap系に強いCompleatでリリース。
The Bohannon Driveというアルバムのシングルカット。これがいいんです。

試聴 試聴 Bohannon / Wake up

エレクトリックな質感がかっこいい
70年の胸やけする(笑)ほどの彼のレアグルーヴに疲れた方にはぴったりな曲。
私も今はこんな気分。

posted by toughGuy at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Board Of Directors / Hanging Tough (78) Record Symphony Corporation

Board Of Directors / Hanging Tough (78) Record Symphony Corporation
Board of directors(取締役会)の名に恥じぬ、
カルトDisco界の頂点に君臨する(?)人気の一枚です。

クラビネットの入ったDiscoに悪いDiscoは無いと断言できるそのお手本たる曲ですねー
クラビネットはStevie wonderが弾いてることで有名ですが、
これをDiscoに取り入れることによって独特のサウンドを楽しめることができますな。

しかし、彼らはこの1枚しか出してないのでしょうかね。他の曲もあれば聴いてみたい。
両面素敵ですが、今回はこちら、”
Hanging Tough

試聴 試聴 Board Of Directors / Hanging Tough

しかしこの曲も好きな人多いですよね。
パーティでかけたら座ってる人が立ち上がるパワーあふれる曲
私の周りも好きな人いっぱいいます。

この分厚いJazzyな演奏も素晴らしいのですが、
中盤から長い間入るブレイクのかっこよさが何より好き!
裏面の”Happy”もさわやかでかっこいいですよ〜


因みに現物ってどのくらい出回っているんでしょうね。
過去にCisum recordさんが2回買ってきてたのは見ましたが
かなり見ないかも。値段も高いけど。
posted by toughGuy at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

Ray Munnings / Let's boogie, It could happen to you (79) Tammi

IMG_4138.jpg
バハマのナッソー出身のマニングス兄弟による
Beginning of the EndRay munnings
いくつか出したシングルのうちの一枚。

もう一つは過去に挙げてます。もう記事がだいぶ古いので音源消しちゃいましたが、、コチラ

このIt could happen to youもかっこいいですが、
お勧めは"Let's Boogie"ですな。

試聴 試聴 Let's Boogie

謎のトライバルビートにシンセがのっかったりと
なかなかよく出来てますよ。
まさにBoogieなダンスするための音楽です。

そろそろあったかくなってほしいなーと思います。

あ、これ再発でてるんでチェックしてみてください。
posted by toughGuy at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

(12)Stevie Wonder / b/w. Race Babbling (79)Motown

(12)Stevie Wonder / b/w. Race Babbling (79)MotownIMG_4659.jpg

A Happy New Year!
新年明けましておめでとうございます!


このBlog書き始めてもうじき5年半、その前のDeep dance music Pageっていうホームページから合わせると
7年以上になるわけですが、まだまだレコード買ってしまうんです(笑)
DJは今年で14年目突入です

以前世界的Funk DJの黒田さんが
「音楽が先か、レコードが先か」みたいなテーマでTwitterで絡ませていただいたことがあるんですが、
やはり僕は音楽が先。

しかし音が聴ける媒体なら何でもいいはずなんですが(笑)
 (人がやってる場合はCD、タブレット、PCなんでもOK!)
DJ続けているうちは自分はレコード買うんでしょうねー 勿論オリジナルで。

しかしまあ、音楽の探究心的な話なんですが、
僕はとにかく飽き症だし、面白いなと思ったら何でも飛びつく人間なのでいかんせん幅は広い方です。
それもレコード、オリジナルで揃えたがる性格なのです。
------
ダンスミュージック聴き始めた10代後半頃はMuroさん系、Rare grooveやFree soulなんかにハマって
Jazz, Afroなどにはまり、一時期はFunk 45に手も出し、ブラジルブームでは
当時付き合ってた女の子がそのあたり大好きでその影響でブラジル、ラテンを買いあさり、
でもDJやめようかなんて思っていた9年ほど前くらいに
僕のDJ像の軸になるCisum recordの豊さんと知り合ったり、Theo parrshを体験して
ああーこんな音楽のかけ方あるんだーって流れで新譜も旧譜も気にせず買いはじめ、ハウスもテクノもいろいろかって
LoftやGarage classicsを集めだしたり、Harveyものチェックしてみたり
Brankettに参加するようになって、またやつらが全員モンスター級のディガーで。
それから東京の友達が教えてくれたEad Recordさんにミックスでお世話りなりまくりでいろいろ成長させてもらったり、
新しい音楽を知りたいなーって流れでOrganic Musicさんを知り、こんな雰囲気の店関西でほしいなってところで
ノリオ君のRare grooveやエイジさんのRevelation Timeを知り、最近紹介しているヨーロッパものも買うようになり、
コツコツ集めてたAfroものが、神戸のAfroな軍団達と知り合い、World musicのパーティでDJやらせてもらったりで
また集めだしたり、、
Seeedの長門さんからの流れで達郎君、井上君、越後君
んで、東京経由でダンサーの玲子ちゃん繋がりで神戸でしょーちん達と出会いQualiaに参加させてもらい
自分のDJ像がより明確になり。

でもバレアリック〜Cosmicだけはピンと来なかったり(笑)
バルデッリの来日は超期待してますけど。

んで、数年前に大塚ひろぽん繋がりでOut recordを知り名古屋にも行くようになって。

でもサカナクションもいっぱい聴くようになって、星野源や七尾旅人の曲もいいなーとか
とりあえずわけわかんないですが、おもろい音楽に境界線はないということです。

まあ、何が言いたいかっていうと、
「おもろい音楽はみんなでシェアして楽しもー!
それで人生が少しでも豊かになれば幸せだ!」

ということです。

ちゅーわけで買い続けている間は当Blogは続けていくので
皆さんテキトーに覗いてやってくださいね。

--------------

で、本題(長っ)、さきほどでたTheo parrishがセレクトした音楽たちで知ったのが
このStevieのRace bubblingでした。懐かしーー

「簡単に手に入るのに見過ごされている名曲」(浅沼さんが翻訳)
http://musicshelf.jp/playlist/552849

でそのRace bubblingの音の凄さの虜になり
どうしてもでかい音で綺麗に聴きたいってことで12インチ買いました。
スペイン盤だけっぽいです。

曲はもうみんな知ってますよね?youtubeにもあるし聴いてみてくださいね。

ではでは今年もよろしくお願いします!!!!
posted by toughGuy at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kevin McCord / Never Say (85)Presents

IMG_5736.JPG
昔から大好きなFusion〜Disco系のこの曲。

いわゆるモダンソウルあたりでも古くからの人気曲です。

因みに91年に再発されております。
90年前後に作品をいくつか出しており
その時代に再評価されて再発されたものかもしれませんねー

試聴 試聴 Kevin McCord / Never Say

A-83376-1341097523-4814.jpeg
この人よさそうな兄ちゃんがご本人。
弾む
ドラムマシーンに哀愁あるJazzyな演奏がたまりません。
いや〜アーバンですねえ

これ聴きながら阪神高速湾岸線をドライブしたいものです。
posted by toughGuy at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

Play By Numbers / Cloud Nine (83) Ice Water

IMG_7835.jpg
60年代より、Motownレーベルのサウンドを多数手がげ、
psychedelic soulなるジャンルを築いたとされる男、
私個人も大好きなプロデューサーであるNorman Whitfieldにより制作された一枚。
このPlay by Numbersというアーティストは正直わからず。。
Ice Waterというレーベルも謎。

しかも83年という彼にとってはちょっぴり貴重な音源であります。
彼の制作だけに、N.Y.産なのですね。イタロDiscoみたいですけど。。

しかしこのシングル、同じ曲ですが両面とも非常にイケてます

試聴 試聴 Play By Numbers / Cloud Nine
試聴 試聴 Ready Mix

A面は300枚限定とされるタイトルも明かさないRe-editレーベル、
"Truth is Light"にも収録されております〜

そしてB面のReady Mix、これが激渋!
2分くらいから急に音の雰囲気が変わり、
Quando Quango / Love Tempoのようになる不思議な展開!
これがオススメです。

うーん 変な曲♪
posted by toughGuy at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Boogie(Single) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。